対面鑑定と電話鑑定の募集

専業電話占い師として働くことを考えています

空いた時間を有効に使いたくて電話占い師になりましたが、現在は本業より占い師としての収入のほうが多くなりました。本業は塾講師で高校受験指導をしていますが、勤務時間は中学生の生活時間帯に合わせているため午後7時から9時までです。そのため、深夜から朝方にかけて自由になる時間が多かったので電話占い師をすることにしました。深夜から朝にかけてでも、日中に働いているOLやサラリーマンが悩み相談して来ることが多く、充分な額の副収入を得ることができていました。幸いなことに、丁寧に相談者の悩みに答えていることが評判になって相談依頼をしてくるお客さんが増え、予約待ちが出るほどになりました。
収入も電話占い師としていただく給料の方が塾講師としての給料を超えたので、掛け持ちをやめて、専業電話占い師として働こうと考えています。占いが得意な人や、霊感などスピリチュアルな力を持った方は、ぜひ一度占い師募集の求人に応募されてみてはいかがでしょうか。

対面式と電話占いの掛け持ちで充実した生活

対面式占いと電話占いの掛け持ちをしています。掛け持ちを始めたのは、対面式の占い店で長年働いてきたので占いの腕前には自信があったのと、遠方から相談にきてくれるお客さんの負担を減らしたかったからです。対面式の占いショップだけでも充分な給料を稼げていましたが、電話占いなら全国どこからでも相談に応じることができるので、電話鑑定の占い師として登録することに決めました。電話鑑定ですが、とくに待機時間の縛りやノルマなどはなかったので、とても働きやすかったです。こういうところは会社によって違ってくると思うので、事前に占い師募集の要項を確認しておく必要があります。求人に採用されて実際働いてみたら、ノルマも厳しく給与もあまりもらえず…なんていうトラブルも起こる可能性がありますので注意してくださいね。
電話と対面の掛け持ちを始めてからは、対面式ショップでの常連だったお客さんだけでなく、電話占いの広告やホームページで興味を持ってくれた人からの相談も多く、多忙な生活を送っています。忙しくてなかなか休みも取れませんが、地方に住んでいる古くからの常連さんが気軽に相談できると喜んでくれたり、電話占い師として興味を持ってくれた人が常連になってくれたりで、頑張りがいがあります。人の悩みを解決することをサポートするこの占いのお仕事は、やっぱり大好きです。